iPhoneの発売から今まで
iPhoneの発売から今まで
iPhoneの歴史

iPhoneは発売から10年以上たちましたが、その10年はただ日々を重ねたモノとは異なり、着実に進化を重ねている歴史となります。

2007年に発売された初代iPhoneは、すでにマルチタッチディスプレイが採用されており、スマートフォンの現在の形を作り上げていたといっても過言ではないものでした。しかし、その動作はメモリが128MBと小さいのに加え、ネットワーク接続が2GのGSM回線であったため現在のiPhoneほどサクサク動くとまでは行きませんでした。さらに、ストレージサイズも4GB~16GBと小さくデータの持ち運びも必要最低限までしかできず、動画の撮影もできない状態でした。しかし、iPhone 3GSからは最大32GBのストレージサイズを持ったモデルも登場し、処置速度だけでなく動画の撮影など出来る事の幅も広がってきました。

iPhone 5からは回線速度が速い4GやLTEに対応したため外でも使いやすくなりました。それに伴い、iPhone 5Sからは指紋認証機能であるTouch IDが導入されセキュリティが強化されました。iPhone Xでは高機能なカメラを搭載しているiPhoneであるからできるFace IDで、マスクや眼鏡をしていても顔を識別してくれるセキュリティを採用しているため片手がふさがっていても簡単にしかも安全に使えるものになっています。

また、今ではTVなどでもおなじみのSiriはiPhone 4sからの登場となっており、iPhoneの歴史はまさにスマートフォンの進化の歴史といっても過言ではありません。